現地ガイドがお勧めする石垣島観光の穴場スポット

シュノーケリング、カヤックツアーで遊びに来て頂いたお客様に「石垣島のお勧め観光スポット」はありますか?とよく聞かれます。ネット、雑誌などで調べれば定番の観光スポット情報はたくさん出て来ると思います。なので今回は、現地ガイドとして穴場&定番でも潮の満ち引きによって穴場に変わるお勧めの観光スポットを紹介していきたいと思います。

石垣島のマップ
赤い文字で書かれている所がお勧めの観光スポットになります。

潮位が低めの時間帯を狙ってマングローブの干潟で生き物探し!

石垣島には、マングローブ林がたくさん群生している場所が宮良川、吹通川、名蔵アンパルと全部で3ヵ所あります。満潮の時はカヤックに乗って楽しむのが一番ですが、干潮になると水深が浅くなるためカヤックができなくなります。マングローブ林で多く見られるシオマネキなどのカニ類は、満潮の時は水があるため穴の中に居ます。ただ干潮になり水が無くなると穴から出て来ます。またトビハゼなども活発に動き回ります。シオマネキの仲間は、雄の個体だけ巨大なハサミを持っていて3種類ぐらい見つけることができると思います。巨大なハサミ同士をぶつけ合って喧嘩をするシーンは、なかなか見応えがありますよ~(笑)。

名蔵アンパルの干潟
名蔵アンパルの干潟。干潟とは、潮が引いた時に現れる場所(浜)のことを言います。
宮良川のマングローブ林を歩く子供
吹通川のマングローブ林で遊ぶ子供
ちょっとした探検気分にチビッ子達は夢中になると思いますよ~

小さいチビッ子、おじいちゃん、おばちゃんが一緒に居たり、生き物が大好きなチビッ子が居るファミリーにお勧めできる観光スポットです。どのマングローブエリアも潮位が100cm以下になれば遊ぶことができます。エリア的にコンパクトでお手軽さを求めるのであれば宮良川か吹通川がいいと思います。逆にがっつり生き物探しを楽しみたければ名蔵アンパルがお勧めです。各観光スポットの行き方についてはグーグルナビなどでも簡単に出て来ますので、ここでは省略させて頂きます。潮汐表はリンクを貼っておきますので行く予定の方は、事前に確認してくれぐれも無理はしないように楽しんで下さいね→潮汐表

石垣島で一番キレイなビーチを見てみよう!

ローカルの方は知っているけど、観光客の方にはあまり知られていない?「ピゲカゲ浜」。ほぼ川平湾と言ってもいいぐらい近くにあります。また当店から車で3分ぐらいなのでツアー前後にフラッと寄ってみてもいいかもしれません。あくまでも個人的な意見になりますが、石垣島で一番キレイなビーチだと思います(笑)。また人の出入りが少ないビーチなので海中も色鮮やかな熱帯魚、珊瑚礁たちがたくさん住んでいます。石垣島で一番お魚が見れる「米原ビーチ」よりも上だと思います。ただ潮の流れが発生する場所もあるのでシュノーケルしたい方はご相談または当店の開催する珊瑚礁ビーチシュノーケルに参加して下さいね!

石垣島のピゲカゲ浜
パウダーのような白い砂浜と海のコントラストが素晴らしいピゲカゲ浜。
ピゲカゲ浜を歩くファミリー
砂の道を歩いて行くと・・・
ピゲカゲ浜を歩く親子
エメラルドグリーンな海が広がっています。
干潮時のピゲカゲ浜
潮位が30cm以下の時は磯遊びを楽しむことができます。サンゴを踏まないように熱帯魚を見てみよう!

シーサー農園で写真撮影を楽しもう!

石垣島で有名な「米原ビーチ」のほぼ向かいにある「米子焼工房」。県道沿いにあるので車で走っていれば必ず目に入ると思いますが、そのままスルーしてしまう方も多いようです?この米子焼工房は、自然たっぷりの広い農園に巨大で個性的なシーサーたちが30体以上飾られています。正面を見上げると沖縄県最高峰の桴海於茂登岳を見ることができて、開放感が抜群です!シーサーの頭の上に乗ったり、大きな口の中に入ったりして写真撮影を楽しむことができます(笑)。シーサーから落っこちないようにインスタ映えも狙ってみて下さいね!ファミリー&カップルにお勧めの観光スポットです。私も前に家族で行きましたが、子供たちは大はしゃぎでした(笑)。

石垣島にある巨大なシーサー
巨大なシーサーがお出迎え。正面に見える山は沖縄県最高峰の桴海於茂登岳です。
石垣島にあるシーサー農園
個性的なシーサーを見ながらのんびりお散歩。
シーサーの頭に乗る子供たち
シーサーの頭に乗って記念撮影~落ちないように気をつけましょう!
シーサーの口の中に入る子供たち
シーサーの口の中にも入れるよ~

石垣島で一番の絶景を見てみよう!

石垣島には、沖縄県で一番高い於茂登岳を始め登山ができる山がいくつかあります。中でも石垣島で一番の絶景が拝める「野底マーペー」は観光客の方でも知っている方は多いと思います?下から登ると1時間ぐらい掛かりますが、車で途中まで行って15~20分ぐらいで頂上まで行くルートがあります。「野底マーペー近道」で検索すると行き方が出て来ます。個人的にタンクトップ&短パンそして島ぞうりとラフな格好で何回か登ったことがありますが、一応長ズボンと靴は履いた方がいいと思います。なかなか勾配がある(特に頂上付近)山なのでいい運動になると思います(笑)。。いい汗をかいた後に見る絶景は最高ですよ~もちろん飲み物はあった方がいいですが、おにぎりやパンなど軽食を持っていってもいいかもしれません。

野底マーペー
とんがりコーンみたいな形をしています。
野底マーペーの看板
看板がある林道の脇のスペースに車を止めます。
野底マーペーの頂上でポーズをとる女性
東シナ海を一望できます。落っこちないように気をつけましょう!

草原の先に広がる絶景の大海原を見てみよう!

最後は石垣島の北部エリアにある久宇良牧場です。近くには有名な「サンセットビーチ」があります。牛が放牧されていて昔は「牛がいるビーチ」として密かにローカルの間で有名でした?県道沿いにある空が飛べる「明石パラワールド」の看板の所を入って行って、しばらく進むと下の写真にあるゲージがあります。門を開けると久宇良牧場に行けるのですが、必ず閉めてから先に進むようにして下さい。道は舗装されていないので注意しながらゆっくり進みましょう。前に行ったときは牛は見当たりませんでしたが、放牧される時間帯があると思います?下の写真のように牛がビーチにいる時は、足跡やウ〇コがたくさん・・・(苦笑)。。これもなかなかインパクトがありますが、草原&大海原のコラボも負けないぐらいインパクトがあると思います。プライベート感満載なのでカップルにお勧めの観光スポットです。

久宇良牧場にあるゲージ
草原の先に広が太平洋
草原の先に広がる太平洋。心が癒されますよ~(笑)。
ビーチでくつろぐ牛
ビーチには大量の牛のウ〇コが・・・(苦笑)。。

石垣島のアクテビティーと合わせてぜひ参考にしてみて下さいね!皆さまの石垣島での観光が少しでも充実しますように。次回は「石垣島の夕日スポット」についてお話ししたいと思います。



シースマイル石垣島
石垣島川平湾がフィールドのシュノーケリング、カヤックツアー専門店
〒907-0453 沖縄県石垣市川平1218ー151
TEL : 0980-88-5004 E-Mail: info@sea-smile.com

公式サイト:https://www.sea-smile.com/